生理中は便秘になりやすい

生理前になると子宮は膨張し、腸を圧迫してしまいます。
腸内に便やガスが溜まるとお腹が張ってしまいますよね。
さらに子宮の膨張で腸が圧迫され、腸の動きが鈍くなると便が出にくくなってしまうのです。
生理だけでもツライのに、便秘にまで悩むのは嫌ですよね。
他にも生理中に便秘になりやすい理由や便秘が起こす生理の悩みを説明します。
対処法も紹介するので見て下さい。

生理になると便秘になる理由

ホルモンバランスの変化

女性の身体は「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」と呼ばれる女性ホルモン(※)を交互に分泌しています。
どちらもそれぞれ役割があり、女性らしくいるために必要なホルモンです。
しかしバランスが崩れてしまうと、イライラや鬱状態といった精神的にダメージを受けたり、肌荒れや便秘が起こります。
特に排卵後から生理前までに多く分泌される「プロゲステロン(黄体ホルモン)」は、妊娠に備えて食欲の増進や水分を身体に溜め込む働きをします。
水分を体内に吸収してしまうので便に行き渡らず、硬くなってしまった便は排出するのが難しくなってしまいます。
また腸の動きも弱くさせるので、便が出にくくなってしまい余計に便秘が悪化してしまうのです。
生理前だけでなく生理中にも「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が分泌されることも多く、長い間便秘が続きやすくなってしまっているのです。

(※)「エストロゲン」…女性らしさを高めるホルモンです。
好きな人ができたときや恋しているときに分泌され、髪の毛や肌をキレイにする効果があります。
子宮内膜を厚くする作用もあり、妊娠しやすい身体作りをしてくれます。
「プロゲステロン」…子宮内膜を整え、受精卵を着床させやすくしてくれます。
女性にとって必要なホルモンですが、ニキビや肌の老化の原因になることもあり、プロゲステロンばかり分泌してしまうと身体に不調が起こってしまいます。

出血

生理中も便秘が続く人は、血液不足になっている可能性があります。
出血がひどく血液が減少すると基礎体温が低下し、貧血やめまいなどの症状が起こります。
血行不良により内臓機能が低下すると腸の働きも弱くなり、便秘になってしまうのです。

PMS(月経前症候群)によるストレス

PMS(月経前症候群)とは、生理前にホルモンバランスが乱れて身体に不調が起こる症状のことです。
人によって症状は様々ですが、イライラしたり暴飲暴食してしまったり、落ち込みやすくなってしまうこともあります。
PMS(月経前症候群)が原因で女性ホルモンは不安定になり、腸の機能を低下させてしまうと便秘を引き起こしてしまいます。

食欲不振

PMS(月経前症候群)や生理痛がひどく、ご飯も食べれなくなってしまう人がいます。
胃腸は食べ物が入ってくると活発に動くので、食欲不振で何も食べていないと動きが悪くなってしまいます。
また食事を摂らないとエネルギーを作りだすこともできないので、内臓機能も低下してしまいます。

生理が原因で起こる便秘の解消法

・バランスの良い食事を摂る
規則正しい時間にバランスの良い食事を取ることは、ホルモンバランスを整える効果があります。
また食べ物によって腸が刺激され便が排出しやすくなります。
特に「食物繊維」「乳酸菌」「発酵食品」「オリゴ糖」など、便秘に効果的な食材に注目しましょう。
成分を多く含んでいる食材を紹介するので参考にして下さい。
【食物繊維】大豆・モロヘイヤ・ごぼう・海藻類・しいたけ・こんにゃく・オクラ・さつまいも・人参など
【乳酸菌】ヨーグルト・牛乳・豆乳など
【発酵食品】味噌・キムチ・納豆・ぬか漬け・塩麹など
【オリゴ糖】アスパラガス・いんげん・玉ねぎ・じゃがいも・きなこ・キャベツ・バナナなど

水分を取る

プロゲステロンの分泌が多くなっているときは体内の水分を溜め込む作用が働くので、積極的に水分を取ることが大切です。
いつも飲んでいる量よりも多く飲むことを目安にしましょう。
飲み物は「常温の水」や「白湯」を少しずつ取るのが理想です。
また、寝ているときは腸の動きが鈍くなっていますが、起きてすぐにコップ1杯の白湯を飲むと腸が刺激され活発に動かすことができます。
水分をよく取り、便を柔らかくして、便秘解消につなげましょう。

適度な運動

生理中に運動するのがしんどいという人は、ウォーキングや軽いストレッチだけでも良いです。
血流が良くなり、腸の動きが活発化させるので、自然と便が出るようになります。
軽い運動は身体をスッキリさせてくれて、ストレス発散にも効果的ですよね。
もう少し動きたい人は、ヨガや腹筋でインナーマッスルを鍛えるのもオススメです。
便を出す腹筋を鍛えることで排便がスムーズになりますよ。

身体を温める

生理中に血行不良になる可能性は高いので、身体を温めて少しでも血行促進させることが大切です。
身体が冷えていると便秘だけでなく、むくみや女性特有の悩みの元になってしまいます。
お腹を冷やさないように腹巻を使ってみたり、冷たいものは飲まないようにして心掛けましょう。
ゆっくりお風呂に入るのも身体を温めるのでいいですね。
あと身体を温めるエネルギーを作るために軽い運動をすると更に効果を期待できます。

ストレスを溜めない

女性ホルモンはストレスに弱いので、溜めこまないことが大切です。
好きな音楽を聞いたり、読書をしたり、自分だけの時間を作りリラックスするようにしましょう。
感動する映画を見て思いっきり泣くのもオススメです。

便秘薬に頼る

どうしても便が出ない場合は、便秘薬や整腸剤を服用してみましょう。
薬は人によって合うものが違ってくるので、薬剤師さんや医師に相談すると安心です。
ただ、薬は一時的に改善するだけのものとして、頼りすぎずに便秘体質を改善することを忘れないようにしましょう。

便秘が起こす生理不順や生理痛

便秘になると腸に便やガスが溜まり膨張してしまいます。
その膨張が子宮や卵巣を圧迫すると、ホルモンの分泌が乱れたり、血流が悪くなったりして生理不順が起こってしまうのです。
そのまま放っておくと生理が止まることもあるので、生理の周期が乱れがちな人は便秘になっていないかを気にしてみましょう。
他にも、便秘になると血行を悪くし体内の代謝機能を低下させてしまいます。
そうすると冷えが起こり、ホルモンバランスにも影響を与える危険性があります。
この一連の流れは生理痛の悪化に関係しているのです。
生理痛がひどい人は歩くこともできずツライですよね。
生理不順や生理痛を解消するためにも便秘にならないようにしましょう。

便秘が解消すると生理の悩みが解消する

便秘は生理の症状に悪い影響を与えています。
女性ホルモンを正常に保つことで、女性は健康でいられるのです。
生活を見直し、ストレスを溜め込まないことで女性ホルモンは安定します。
毎月ある生理の悩みがなくなるように、便秘を解消しましょう。