妊娠中と便秘の関係

妊娠中の悩みとして多いのが「便秘」です。
便秘はホルモンバランスの乱れが原因で起こりやすく、妊娠中になりやすいのです。
他にも「つわり」や「妊娠中の疲労・ストレス」も便秘と関係しています。
どうして妊娠中は便秘になりやすいのか?を説明していきます。
便秘を解消するために対処法も紹介するので参考にして下さい。

妊婦さんが便秘になりやすい理由

ホルモンバランスの変化

女性は「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2つのホルモンを分泌して身体のバランスを保っています。
しかし妊娠すると体内のホルモンバランスが変わり、「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が増加してしまいます。
プロゲステロンは妊娠状態を維持するために、体内に栄養や水分を蓄えようとします。
そうすると便にまで水分が行き渡らず出しにくい硬い便になってしまうのです。
またホルモンの影響で腸の働きが抑えられてしまい、便が排出されにくくなってしまいます。

つわりによる食欲低下

つわりがひどいと嘔吐が続き、食欲不振に陥ることがあります。
食生活が変わり偏った食事内容になっている人もいるでしょう。
排便には食べたものが大きく関係しています。
腸が活発に動くのも食事をして刺激を受けるからです。
そのため、便をスムーズに出すための成分が足りなかったり、腸の動きが鈍くなってしまうと便秘になってしまうのです。

子宮が腸を圧迫してしまう

赤ちゃんが成長する子宮と腸は近くにあり、子宮が膨らんでいくとどんどん腸が圧迫され血流が悪くなってしまいます。
便の通り道が狭まれるので便がつまり便秘を引き起こしてしまうのです。

ストレスを受けやすい

妊娠中はホルモンバランスが乱れやすく、ちょっとしたストレスを感じるだけで自律神経(※)も乱れてしまいます。
ホルモンや自律神経の乱れは冷えや内臓機能の低下に関係しています。
腸の働きを悪くしてしまい、便秘を引き起こしてしまうのです。

(※)交感神経(活動中の神経)と副交感神経(休んでいるときに神経)の2つから成り立つ神経です。
ストレスを受けたり夜更かしをすると交感神経が活発になり自律神経が乱れてしまいます。
そうすると、冷え・むくみ・便秘・内臓機能の低下など様々な症状を引き起こしてしまうのです。

水分不足を引き起こしやすい

妊娠中は赤ちゃんに酸素と栄養を送るためにお母さんの血液の量が増えます。
血液を増やすために体内の水分を使い、血液を薄めるようにして量を増やすのです。
またつわりがひどいと水も飲めない状態が起こりますよね。
意識していないと全く水を取らずに脱水症状を引き起こすこともあり危険です。
嘔吐を繰り返す人は一気に身体の水分を排出してしまうので、注意しないといけません。
このように妊娠中は「水分不足」になりやすいので便を硬くしてしまい、排便しにくい状態を作ってしまうのです。

運動不足になりやすい

妊娠すると身体が重くなったり、いつも以上に眠気に襲われたり、運動する習慣が減ってしまいます。
筋力が落ちていくと排便するときに使う腹筋が弱まり、スムーズに便を出すことができません。
また腹筋の力は腸を動かす大切な動力です。
筋力が落ちてしまうと便秘を引き起こしやすくなってしまいます。

妊娠中の便秘対策は「食事」と「運動」が大切

妊娠中も「規則正しい食事」と「適度な運動」は忘れないで行いましょう。
特に食事は、バランスの良い成分をたくさん含んだ食事を取るのがいいです。
便秘を解消してくれるのは「食物繊維」「乳酸菌」「オリゴ糖」です。
オリーブオイルも便をスルりと出しやすくなる油分が摂取できるのでオススメです。
全てをバランスよく取り、便秘体質を改善しましょう。
そして軽い運動をすると副交感神経が活発になり、リラックス効果から精神を安定させてくれるので、自律神経が整います。
お風呂にゆっくり浸かるのもリラックス作用がありますよね。
副交感神経が働くと胃腸の調子も良くなり、便を促進させる効果が期待できます。
筋トレや激しい運動はできませんが、全身運動となる「ウォーキング」はオススメです。
そして妊娠中でも簡単に挑戦できるのが「ストレッチ」です。
足を肩幅に開いて立ち、腰に手を当てて左右それぞれ10回ずつ腰を回します。
上半身・足は動かさずに腰だけを動かすように意識すると効果が出やすいです。
左右10回ずつ5セット以上を目安に挑戦してみて下さい。
食事と運動を取り入れて便秘解消を目指しましょう。

「ツボ押し」で便秘解消

妊娠中でも手軽にできる対策がツボ押しです。
右手の甲の付け根部分にある「神門(しんもん)」や足の裏にある「土踏まず」は腸の動きを活発にする作用を持っています。
押す強さは気持ち良いと感じるぐらいで丁度いいです。
思い出した時に押すようにしてみましょう。

妊娠中でも便秘薬は飲める?

食生活を変えて、便秘解消の対策をしても改善しない人もいます。
便秘に悩み続けるのはとてもツライことなので、産婦人科の先生に相談して便秘薬や漢方を処方してもらいましょう。
最初から薬に頼るのは良くないので、便秘対策をしても効果が出ないときのお助けアイテムとして覚えておくのがいいですね。
市販の便秘薬ありますが、妊娠中でも飲める薬かどうかの見分けは難しいです。
必ず専門の知識を持っている人に確認しましょう。

習慣を変えて便秘体質を改善しよう

妊娠中に便秘になりやすい理由が分かりましたね。
妊娠して赤ちゃんが大きくなるとお腹も重くなっていくので、便秘だとさらにしんどいです。
しかし、食事や運動など生活習慣を変えるだけで便秘体質を改善できます。
もちろん早寝早起きといった規則正しい生活をするのも必要です。
決まった時間にトイレにいくなど習慣づけておくのもいいですね。
妊娠中は考え込みやすい時期ですが、便秘を解消して少しでも悩みを減らしましょう。