便秘になると太る理由

便秘になると身体が重くスッキリしない時期が続きますよね。
お腹がポッコリ出てくるとダイエットしていてもモチベーションが上がりません…。
便秘になると、腸内に残っている宿便のせいで体重が増加したり、臓器の機能が低下することで冷えやすくなったり、太る原因を作ってしまいます。
ダイエットを成功させたい人は、まず便秘にならない身体作りを目指さなければいけません。
便秘になると太りやすくなる原因や便秘解消の対処法を紹介するので参考にして下さい。

太りやすくなる原因を紹介

消化スピードが落ちる

腸内がきれいな状態なら腸の機能も活発に働きますが、腸内に便が溜まっている状態だと消化や吸収の妨げになってしまいます。
そうすると消化のスピードが間に合わず、余分な「糖分」や「脂質」を腸が吸収してしまうのです。
腸が正常に動いているときは吸収せずに済んだ成分まで取り込んでしまうので、便秘の人の方が太りやすくなってしまいます。

代謝が落ちる

代謝とは身体を動かすエネルギーを作り、消費していくことです。
しかし便秘のときは、腸内の便が腐敗し発生する毒素が血液に吸収され全身を巡ります。
ドロドロになった血液は血流の流れを悪くしてしまい、代謝を落としてしまうのです。
代謝が落ちると消費カロリーが減ってしまい、痩せにくくなってしまいます。

腸内環境が悪化し皮下脂肪がつきやすくなる

一度ついたらなかなか落ちにくい皮下脂肪も便秘の人はつきやすくなっています。
腸内環境が乱れていると、通常だと栄養を吸収したあとすぐに排出される便が腸内に残ってしまい、不要な成分まで体内に吸収してしまいます。
しかも、吸収された成分は皮下脂肪になりやすいのです。
また、腸に溜まっている便が消化の邪魔をして、エネルギーに変換する働きが鈍くなってしまいます。
身体を動かす力となるエネルギーを作り出さないと、カロリーを消費することができないので、皮下脂肪・内臓脂肪がどんどんついてしまうのです。

冷えやむくみが起きる

便が溜まっているとお腹まわりのリンパが圧迫され、むくみやすい身体になってしまいます。
むくみは放っておくと老廃物とくっつき、セルライトを作ってしまう危険性があります。
そうするとさらに冷えの症状が起こり代謝も悪くなってしまうので、痩せにくい身体になってしまいます。

便秘解消の対処法

食生活の見直し

便秘を解消するためにバランスの良い食事を心掛けましょう。
「食物繊維」「オリゴ糖」「乳酸菌」は腸内環境を整える栄養素なので積極的に摂りたいです。
善玉菌を増やし腸内環境をきれいな状態に保てると便秘や身体の不調が起こりにくくなります。

水分量を増やす

水は便を柔らかくして排出する助けをしたり、食物繊維の効果を発揮させるために重要なものです。
食事中も水分を摂っていますが、尿や汗で同じぐらいの水分が失われているので、喉が渇いていないときもこまめに飲むようにしないといけません。
2~3時間おきにコップ1杯の水を摂るようにして、1日約2リットルを目標に水を飲みましょう。

適度な運動を行う

正常な自律神経(※)を保つために、適度な運動は必要です。
運動することで血流の流れがよくなり、代謝アップにも繋がります。
また適度な疲労感もあり、睡眠の質を上げてくれます。
そうすると副交感神経が働き自律神経の乱れを戻してくれるのです。
中でも腹筋は排便の時に使う筋肉を鍛えてくれるので、便秘を治したい人は腹筋をすると効果的です。

(※)交感神経(活発な神経)と副交感神経(落ち着いている神経)から成り立つ神経です。
通常だと12時間交代で神経が入れ替わりますが、ストレスを受けたり夜更かしをしたり、交感神経が活発に働いてばかりだと自律神経が乱れ、身体に悪影響を及ぼしてしまいます。

ストレスに負けない身体作り

ストレスを感じると交感神経が働き自律神経を乱れさせてしまいます。
そうすると、便秘や下痢を繰り返すなど腸内環境にも乱れが起きてしまいます。
筋トレなどをして自律神経が乱れないような強い精神を鍛えることも大切ですが、ストレスを感じたときにすぐ対処できる方法があると良いですよね。
ストレスを緩和する効果のある「自分なりのリラックス方法」を見つけておきましょう。

太りにくい体質をGETするために便秘を解消しよう

便秘を放っておくと太りやすくなり、冷えやむくみを起こす危険性があります。
落としにくい皮下脂肪や内臓脂肪までつけてしまうので、ダイエットを始める人は便秘解消に注目しないといけません。
便秘の悩みがなくなり、ダイエットにも成功すると、身体の中から健康になりますね。
便秘になりにくい体質を目指して、食生活の見直しと適度な運動をするようにしましょう。