ドラッグストアに売っている便秘薬

ドラッグストアに売っている便秘薬は、種類が多すぎて迷ってしまうことありますよね。
中には副作用があるものもあり、便秘でツライときに吐き気や腹痛まで起こってしまうと大変です。。
そのために便秘薬の種類や効果を知って、自分に合ったものを選びましょう。
選び方のポイントも紹介するので参考にして下さい。

便秘薬の種類

便秘薬は3種類に分けることができます。
「整腸剤」…腸の働きを正常に戻すための薬です。腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整える作用があります。
「刺激性下剤」…腸を刺激して排便を促す薬です。効果は出やすいですが腹痛を伴うことがあります。
「膨張性下剤」…便を柔らかくして排便しやすくする薬です。水分を含んだ便が膨張して、腸の動きを活発にさせます。
便秘薬を使うと一時的に便秘は解消されますが、体質そのものが治るわけではありません。
何度も使用していると、便秘薬がないと排便できない身体になってしまう危険性もあります。
依存性のある薬を飲み続けていると身体も慣れてくるので、どんどん強い薬を使用してしまう悪循環が起こります。
便秘薬は一時的に便を出すものと覚えておきましょう。

便秘薬を選ぶときのポイント

・効果の出方がゆるやかもの
効き目が強すぎる便秘薬は、下痢や腹痛を引き起こす危険があります。
特に初めて便秘薬を使用する人は、腸に働きかけるスピードがおだやかなものを選ぶようにしましょう。
漢方や天然成分が配合されているものは、比較的効き目がゆるやかなのでオススメです。

・自分に合っているもの
上記で説明した3種類の便秘薬の中にも、薬によって成分が違ってきます。
本当に自分に合っているものを見つけるために、ドラッグストアにいる薬剤師さんに相談してみましょう。

・量によって効き目を調節できるもの
便秘の症状や薬の効き目には個人差があります。
中には、同じ量を飲んでいても、下痢や腹痛を引き起こす人も出てきますよね。
そういうときのために、自分の症状に合わせて量を調節できるものだととても便利です。
錠剤タイプは一粒ずつの調節しかできないですが、粉末タイプやドリンクタイプは微調整が可能ですね。

・組み合わせに注意する
他の薬・飲み物・食べ物など、便秘薬との組み合わせを気をつけましょう。
特に「胃腸薬」と「牛乳」は便秘薬の効果が薄れてしまうので避けた方がいいです。
組み合わせが悪いと副作用を引き起こす原因にもなるので、購入するときは薬剤師さんや医師に相談すると安心です。

オススメの便秘薬を紹介

錠剤の便秘薬だけでなく、いつもの飲み物と置き換えるだけでOKなお茶タイプの便秘薬もあります。
他にも粉末タイプやドリンクタイプなど、色んな種類の便秘薬を紹介します。
【錠剤の便秘薬】
商品名:【指定第2類医薬品】カイベールC 48錠
料金:379円

商品名:【第3類医薬品】3Aマグネシア 360錠
料金:2556円

【粉末タイプ】
商品名:【指定第2類医薬品】新ウィズワン
料金:2655円

商品名:大正製薬 ドゥファイバー粉末スティック<グアーガム>4g ×30包 [特定保健用食品]
料金:2575円

【ドリンクタイプ】
商品名:ゼリア新薬 ウィズオプレ 100mL×6
料金:1200円

【サプリメント】
商品名:ヤクルト Noale(ノアレ) KW乳酸菌(タブレット) 30粒
料金:1463円

【お茶タイプ】
商品名:24種の植物がスッキリをサポート モリモリスリム茶  30包入
料金:4710円

便秘薬に依存しすぎないようにしよう

便秘薬は排便しやすい状態を作ってくれるサポート役だということを忘れないで下さい。
便秘になるたびに使用していると、依存してしまう危険性があります。
できるだけ薬を使わず排便できるように、生活習慣を見直すことも大切なのです。
それでも出ない人は、まず便秘解消効果のあるサプリメントやお茶タイプを試してみるといいですね。
天然成分を配合しており、便秘薬より身体への負担が少ないです。
お茶タイプはいつもの飲み物と置き換えるだけでいいのでオススメです。