赤ちゃんも便秘になりやすい

赤ちゃんは水分不足や運動不足に陥りやすく、少しの変化で便秘になる可能性が高いです。
母乳やミルクの成分や味の違いや、お母さんの食生活など、気を付けてあげたいことが多いです。
赤ちゃんの便秘はどうして起こるのか?どう対処してあげたらいいの?など、気になることをまとめました。

赤ちゃんに起こる便秘の症状

赤ちゃんに便秘症状が出ることはよくあります。
とくに以下の反応がある場合は便秘の対処をしてあげた方が赤ちゃんも楽になるでしょう。
・3日以上便がでない
・ミルクやご飯を食べない
・もどす回数が多い
・大きい声で泣いたり、機嫌が悪い
・お腹が張っている、ぽっこり出ている
・便が硬く、少量しか出ていない
しかし、排便のペースは赤ちゃんによって違います。
3日に1回しか出ない赤ちゃんもいれば、毎日出る赤ちゃんもいますよね。
便の回数だけで判断するのではなく、赤ちゃんの様子も見て判断しましょう。

便秘になる原因

お母さんからの影響

母乳は善玉菌であるビフィズス菌が多く含まれているので比較的便秘になりにくいです。
しかし母乳はお母さんの食べたものと大きく関係しており、食物繊維の量が少なく、脂質の多い食べ物を多く取っているとそのまま赤ちゃんにも移ってしまうのです。
揚げ物や甘いものは特に母乳に影響を与えてしまうので授乳中は我慢が必要ですね。
またお母さんが水分不足になると母乳がドロドロになってしまい、赤ちゃんに栄養が行き渡りにくくなり、便秘を引き起こしてしまいます。

授乳量が足りていない

ミルクは量を測って作るので、一度に赤ちゃんが飲む量を把握できます。
しかし母乳になるとどれだけ飲んでいるのか分からず、授乳量が足りていないこともあるのです。
またあげているつもりでも、うまく吸えていなくて十分な量を飲めず便秘になってしまうことも考えられます。
一定の姿勢で吸い続けるよりも、こまめに姿勢を変えてあげる方が赤ちゃんは吸いやすいですよ。

離乳食の栄養不足

離乳食の量や栄養素が重要になります。
赤ちゃんが毎日同じ量を食べてくれるとは限らないですよね。
好き嫌いも出てきて、栄養が偏りやすくなってしまいます。
食べる量が少なければ便の量も少なくなり、食物繊維などの排便に効果的な栄養素が不足すると便秘になりやすいです。

水分不足

離乳食が始まると腸内環境が変化し、体内に便を溜めるようになります。
そうするとミルクだけの時よりも排便の回数が減ってしまうのです。
さらに離乳食中心になってしまうと、ミルクや母乳の飲みが悪くなり水分不足になりやすい時期でもあります。
排便のペースは赤ちゃんによって違うので、機嫌が悪くなったり便が硬くなっていないかをチェックしてあげましょう。
また赤ちゃんは母乳を飲むときやハイハイするときなど、力を使うと汗をよくかきます。
水分が放出されてしまい、水分不足になっていることもあるので注意しましょう。

運動不足

腸の働きを促進させるには、身体を動かすことが大切です。
しかし、赤ちゃんのときは筋力が少なく身体を思うように動かせないので、運動不足に陥りやすいです。
そうなると、腸の動きが弱くなり便秘になってしまいます。

ストレス

赤ちゃんのストレスは暑さや寒さ・睡眠不足・お腹がすいている・お母さんのイライラ・夫婦喧嘩など、些細な事もキャッチして溜めてしまいます。
他にもおむつが蒸れていたり、ミルクの粉が合わないなど、ストレスの原因はたくさんあるのです。
ストレスを受けると身体が影響を受け、血液の流れを悪くしたり、腸の働きを鈍くしてしまいます。
腸が動かなくなると便を作ったり押し出したりすることができなくなり、便秘を引き起こしやすくします。

便秘が起こる時期と対処法

生活習慣を整える

便秘を解消するために「食事の時間帯」「お風呂の時間」「起床・就寝時間」などを決めて、生活習慣を見直しましょう。
規則正しい生活をすることでストレスを感じない健康な身体を作ることができ、腸の働きを乱しません。
同じペースで毎日を過ごしていると、排便のリズムも整いやすいので、便秘解消が期待できます。

おしりに刺激を与えてあげる

なかなか排便が出ないときは「綿棒浣腸」で便を出しやすくしてあげましょう。
やり方は普段使っている綿棒を少し手でほぐして、ベビーオイルやワセリンをたっぷり塗ります。
赤ちゃんを仰向けに寝かせ、肛門に綿棒を少し入れてくるくる円を描きます。
20秒ぐらい刺激をし、綿棒を抜いた肛門を指の腹で優しく押して外からも再度刺激を与えます。
食後30分後ぐらいを目安にやってみると効果が出やすいです。
毎回綿棒浣腸をしていると癖になってしまい自分で排便しようとしない危険性もあるので、赤ちゃんが苦しんでいるときのサポート役として覚えておきましょう。

マッサージで腸を活性化させる

腸の働きを促進させるには、「の」の字マッサージが効果的です。
おへそを中心にして時計周りに「の」の文字を書くように、赤ちゃんのお腹をなでるのです。
指の腹や手の平全体を使って、大きくゆっくり動かしてあげましょう。
腸が活性化され便の排出を促してくれます。

運動不足を解消する

赤ちゃんは筋力がないので走りまわることができませんよね。
そのため寝返り・ハイハイ・お母さんと遊ぶことが赤ちゃんにとっては立派な運動です。
手足を動かしたり、自由に動けるスペースを確保するなど、運動不足にならないようにしてあげましょう。

病院に頼る

対処法を試しても治らない便秘の場合、病院で相談しましょう。
専用の機械で浣腸をしてくれたり、薬を出してくれたりします。
便秘になりやすい生活習慣も教えてくれて、改善点を見つけることができれば便秘予防にも繋がりますね。

便秘と発熱の関係性

腸に溜まった便が腐敗すると有毒ガスが発生してしまいます。
有毒ガスは血管に入り込み血液を汚してしまい、熱を発生させる原因になるのです。
また熱が出ると身体から水分が蒸発し、水分不足になります。
赤ちゃんの場合、自分で水分を摂ることができないので脱水症状に気をつけましょう。

赤ちゃんの変化にすぐ気付いてあげましょう

排便のペースだけで便秘と決めつけず、赤ちゃんの変化に気付いてあげることが大切です。
母乳や離乳食の栄養素や水分の摂取量はお母さんが調整してあげないといけません。
ミルクの味に好き嫌いがある場合もあるので、色んなメーカーのミルクを試してみるのもいいですね。
それでも便秘がひどい場合は、上記の対処法をを試して赤ちゃんを楽にしてあげましょう。